モノグルタミン酸型葉酸配合【ママニック】

ママニックは妊活・妊娠中の女性の声から生まれた赤ちゃんのための葉酸サプリです。

 

初めて利用する方でも安心して始められるように、15日間返金保証のお試し期間が設けられています。

 

もし商品が合わない場合でも、15日以内であれば商品代金が返金してもらえます。

 

妊婦の時期に接種したほうがよい栄養素としては、1位:葉酸・2位:鉄分・3位:ビタミンという順になっています。

 

栄養素については調理段階で分解されてしまうこともあるので、サプリメントで摂取する人が多いようです。

 

サプリメントの場合はつわりがひどい女性でも比較的飲みやすく、毎日飲み続けることができます。

 

食事で取りづらい栄養素が確実に摂取できるので、妊娠中や産後の女性も安心して飲み続けることができます。

 

葉酸サプリメントには葉酸の他にも、「カルシウム・アミノ酸・乳酸菌・ビタミン・ミネラル・鉄分」などが配合されています。

 

配合されている量は決まっているので、過剰摂取を避けることもできるので安心ですよね。

 

 

 

モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸

 

葉酸には2種類のタイプがあります。

 

モノグルタミン酸型葉酸とポリグルタミン酸型葉酸です。

 

厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン葉酸型で、ママニックにも採用されています。

 

同じ容量でも葉酸の種類が違うと吸収率は約半分となってしまいます。

 

一日に必要な摂取量をしっかりと補うためには、モノグルタミン酸型葉酸が配合された葉酸サプリを選ぶ必要があります。

 

ママニックの製造工場は ZMP 準拠工場であり、原材料のを受け入れから製造出荷まで一定の品質が保たれるように製造工程管理基準を満たしています。

 

第三者機関の厳しい放射能試験や残留農薬試験もクリアしているので、体調管理の大事な時期に飲むサプリメントとしても安心して摂取することができます。

 

 

原材料の違いから葉酸サプリを考える

妊活中や妊娠中の女性に人気の葉酸サプリ。造血作用など母体や胎児の健康維持に必要不可欠な成分を含んでいるほか、神経管閉鎖障害など先天的な胎児の異常を防いでくれる効果が期待できることも人気を集めている理由です。また葉酸は水や熱に溶けやすいという特徴があるため、一般的な食品から1日あたりに必要な量を摂取するのは困難です。確実に必要量を摂取できるサプリメントなら、身体に負担がかかっている妊婦でも葉酸を簡単に体内に取り込むことができるので、この点も多くの人が葉酸サプリを利用している理由となっています。

ただ、妊娠中の女性にとって非常に頼りになると認知されている葉酸サプリですが、じつは同じ葉酸サプリでも原材料に違いがあることはあまり知られていません。じつは葉酸サプリは原材料で見ると2種類に分かれているのです。自然食品由来の天然成分からなるサプリメントと、化学合成によって作られたサプリメントです。
自然食品由来のサプリメントは、野菜や果物、酵母から抽出された葉酸をもとに製造されています。天然由来の成分ですので価格は高めに設定されることが多いのですが、もともと食品として存在するものから作られているので身体に余計な負荷を与えることはありません。
一方、化学合成でつくられたサプリメントは価格も安く、生体への利用効率も高いのがメリットですが、その反面、利用効率の高さがあだとなって過剰摂取を招くというリスクも存在します。実際、葉酸の必要摂取量が少なくなる妊娠後期に、化学合成の葉酸を1日あたり1000マイクログラムという過剰な摂取を続けた場合、胎児の喘息リスクが25%も高まるという研究報告もなされています。このように葉酸サプリは、天然由来か化学合成によるものかで違いがでてきます。胎児や自身の健康のこともよく考えたうえで、サプリメントを選ぶことが重要です。詳しくはコチラ>>葉酸サプリのオススメのサイト